body ボディ

ラジオ波痩身

ラジオ波とは、医療機関でも使用されている電磁波の一種です。 体内に高周波を流し、体内に含まれる分子を振動させて摩擦熱を発生させます。摩擦熱により、血行促進や脂肪を液状化させ、排泄物となりリンパから体外に排出されていきます。これにより皮下脂肪やセルライト、皮膚のたるみ、足のむくみ、お肌のハリ、引き締めに効果を発揮していきます。

部分痩せができる

ラジオ波を照射することによって、効率よく熱を与えながら脂肪を溶かし、表層部の血行促進、セルライトケアと深層部の脂肪細胞の液状化を同時に行うことができます。
体内深部の体温を上げることにより内臓脂肪、皮下脂肪の溶解を促進し、特定部位を集中的にトリートメントすることで、今まで難しいとされていた「部分痩せ」の効果が期待できるようになりました。お客様のニーズに合った理想のボディをデザインすることも可能です。

ラジオ波のしくみ

ラジオ波の振動が体内に含まれる分子を振動させ、分子同士が擦れ、摩擦熱を発生させます。
周波数が高いほど分子を振動させる力も強く電波の流れる量が多いほど熱の発生も多くなります。
この熱が特定の部位に達すると、その部分の代謝を促し、脂肪細胞内の脂肪だけをドロドロの液状にして分泌し、皮下脂肪(0.8mm~1cm)を直接分解(液状化)していきます。ちなみに人間の脂肪は50℃に達すると分解を始めます。

体内で溶けた脂肪はどうなるの?

ラジオ波を照射した脂肪細胞(脂肪)は高速で振動し、その摩擦熱によって水と炭酸ガスに分解されます。
溶け出した脂肪はリンパ節からリンパ管へ流し込まれ体内で分解されます。その後エネルギーにかわり、必要のないものは体外へと排出されていきます。

部分痩せ以外の効果

ラジオ波から出る熱の作用によって皮膚から弾力の基であるコラーゲンを再生し、エラスチン繊維の生成を促進させます。これによりリフトアップや引きしめ、さらにはお肌のハリ、弾力をアップさせる効果も期待できます。セルライトを除去することでツヤツヤのお肌へと導きます。